8020運動

8020運動は、はちまるにまる運動と呼びます。この運動は、日本で展開されている歯科に関する運動です。

満80歳で20本以上の歯を残そう!とするのが目的の運動です。そしてこの運動は、厚生労働省や日本歯科医師会によって推進されています。どうして20本かというと、20本以上の歯を持つ高齢者は、20本以下の高齢者と比べると、とても活動的で寝たきりになることも少ないといった報告があるため、80歳で20本以上の歯を残そうといった運動へと発展していきました。

現状

第8回 歯科疾患実態調査(1999年実施)によると、80歳での残存歯数は約8本、20本以上の残存歯を持つ者は約15%となっていました。第9回 歯科疾患実態調査(2005年)では、80歳での残存歯数は約10本、80~84歳で20本以上の残存歯を持つ者は21.1%と、第8回の調査と比べると、さらに大幅に増加していました。これは、口腔衛生への関心の高まりを反映しています。残存歯数、20本以上の残存歯を持つ高齢者の割合は共に増加してきてはいますが、まだ不十分な状態といえるでしょう。

虫歯ゼロを目指して

8020運動ができた経緯

1985年 愛知県豊田市で行われた調査で、十本以上の歯の喪失で半分以上の人がもっとも硬い食品の一つとされていた古タクワンや酢蛸を食べることができないことが判明しました。そこで、80歳の喪失歯10本以下を目標にする事を提唱します。

1989年 愛知県にて目標を残存歯20本以上とする、8020運動が開始されました。

成人歯科保健対策検討会の中間報告で8020運動が取り上げられます。これ以降、8020運動が全国に広まっていきました。

2000年 21世紀における国民健康づくり運動にて、2010年までに20本以上の残存歯を持つ者を20%とする事を目標とします。そして8020推進財団設立されました。

口腔衛生用品を探してみる

8020推進財団の健康調査報告

岩手・新潟・愛知・福岡と健康調査を行った報告が、8020推進団体によって報告されました。その中からご紹介します。

歯がたくさん残っている人は元気だったか。といった点ではどのような結果だったのでしょう。(8020推進団体からの報告書から抜粋)

80 歳で歯がたくさん残っていた人は全身の健康状態がよかったのでしょうか。80歳時点での調査では、岩手・福岡・愛知・新潟4県の結果を併せた分析で、口の中の状態が良いほど、バランス能力、敏捷性、脚力といった身体能力が高いことが示されました。このような客観的な検査項目も大事ですが、近頃は「個人が自分で健康だと感じているか」がとても大切なことだと考えられるようになり、健診と同時に主観的なQOL(クオリティー・オブ・ライフ、生活の質)を調査することが多くなりました。

80 歳調査でもこれが行われ、咀嚼能力がQOL の向上に寄与していることが示されました。その後の85 歳時の調査ではQOL 評価を一層重点的に行い、80 歳の時に20 本の歯を有するいわゆる8020 達成者は健康習慣が確立し、食べたいものが食べられ、その結果QOL が高いという傾向がみられました。

さらに、90 歳の調査では、80 歳の時点で歯がなかった人、残っていた人を比較すると、歯が残っていた人の方が10 年後の90 歳時点で、新聞に目を通したり自分で書類をかけたりする(知的能動性が高い)しゃっきりとした人が多いことがわかりました。これは歯があった方が、高い生活の質を維持できる可能性を示しています。ちなみに、80 歳から90 歳の間でどのくらい歯が失われたのかを調べたところ、両時点ともお口の検査を受けた80 名で比較した場合、80 歳時点の平均歯数4.7 に対して90 歳では3.1 と、1 人平均で約1.6 本が失われていました。

しかし、これはもともとあった28本が80歳までに4.7歯に減っていたことに比べるとわずかな減少です。また、統計学的にも明らかな差ではありませんでした。このことは、80歳までにはその後のお口の健康状態はある程度決まってしまうことを意味しているのかもしれません。

 
噛み合わせの崩壊と身体運動機能 (8020推進団体からの報告書から抜粋)

歯を多数失うことで噛み合わせが崩壊します。先に示した,噛めないことによる栄養摂取に問題が生じ元気がなくなることが考えられることの他に,運動機能の衰えが早くなることがわかりました。噛み合わせがなくなった人は,左右とも奥歯でしっかり噛み合わせている人に比べ,明らかに足の筋力,敏捷性,バランス(片足立ち)が劣っていました。さらに,噛み合わせを失っていた人は71歳から79歳までの8年間に,他の人より運動機能の低下が著しかったことも示されました。

どうしてそうなるかについては,1) 噛み合わせる働きのある顔の筋肉が使われなくなることで,首から背中にかけての筋肉から,上半身,下半身の筋肉の働きに影響を与える(握力と脚力とは強い関連性が認められている),2) 歯がないことで上と下の顎が深く噛み込む形となり,噛み合わせる働きのある筋肉のバランスが壊れて,神経筋組織を介して体躯バランスまで影響を与える,3) 上と下の顎の蝶番となっている顎関節は全身のバランスと保つ三半規管と隣接していることから,この位置がずれることによる三半規管への影響、などが考えられていま

三半規管とは:(さんはんきかん)は平衡感覚(回転加速度)を司る器官で、内耳の前庭につながっている、半円形をしたチューブ状の3つの半規管の総称です。名前の由来は、その形状と数からです。