長く自分の歯でいたいから・・

幼稚園や小学校でも歯ブラシの使い方。正しいブラッシング方法を何回も、何回も教わりました。それなのに、それなのに・・・虫歯がありますよね。治療に行けば、歯科衛生士さんから、丁寧に歯ブラシの当て方や歯みがきのやり方を教えてもらっています。

一般的な歯みがきのタイミングはいつですか?

歯磨きは朝晩の2回が一般的な習慣となっていますが、朝食の後であったり、朝起きてすぐの人もいます。そして、夜は夕食の後であったり、寝る前に歯みがきをする方が一般的に多いです。

朝の歯磨き(エチケット磨き)

寝ている間に増えた細菌の数を減らすために歯磨きを行う。就寝中は細菌の数がとても増えています。朝起きてすぐ歯みがきをすると、細菌を減らすのにとても効果があります。歯みがきをする時間がない場合は、マウスウオッシュで口をすすぐだけでもかなりの効果があるといわれています。

寝る前の歯磨き(プラークコントロール)

唾液には細菌の増殖を抑える作用がありますが、睡眠中は唾液の出る量が激減します。そのため細菌が増殖して、虫歯や歯周病の原因となります。これを防ぐために歯磨きを行います。

寝る直前にも甘い食べ物などは食べない方が良いといわれています。常に甘い物で口の中が満たされていると細菌も発生しやすいからです。

就寝前の習慣として、マウスウオッシュも効果的です。翌日の口の中の不快感が軽減されます。

歯垢が形成されて歯に対して害を与えるようになるまでには、約24時間以上かかるりますので、最低寝る前の1日1回歯磨きを行えばよいとも言われています。逆に1日に何度も歯磨きをすると唾液を洗い流してしまったり、歯茎にストレスを与えて歯周病の原因にもなります。唾液には雑菌の繁殖を防いだり虫歯や口臭を防ぐという役目があります。歯磨き直後は歯磨き粉の成分によって爽快感が得られるため清潔になったと思いがちでありますが、実際には唾液の少ない状態となるため細菌が繁殖しやすくなり口臭もひどくなります。

虫歯ゼロを目指して

歯ブラシのブラッシングの種類

つまようじ法

歯ブラシの毛先で歯茎をつついて、刺激を与える方法です。歯周病の予防や治療に最適のブラッシング法です。特に歯と歯の間に毛先を挿入して、歯間部の歯茎にも効果的です。

スクラッビング法

歯ブラシを軽く歯に当てて、細かく振動させることによって、歯の隙間の汚れを落とす磨き方です。歯ブラシが硬いと歯茎の痩せる原因になるので、柔らかいブラシの方がいいでしょう。歯の隙間に歯ブラシの繊維が届かない場合は、歯間ブラシやデンタルフロスと併用するといいです。バス法との違いは歯に当てる歯ブラシの角度。45°のバス法に対し、90°(直角)に当てます。

バス法

歯と歯茎の境界部分に斜め(約45度の角度)に歯ブラシを当てて、左右に振動させる磨き方です。歯茎(歯肉)のマッサージ効果が高い方法です。鉛筆を握るように歯ブラシを持ち力をいれずに軽く左右させることが望ましいとされています。歯ブラシを握り締めて強く左右させると逆に歯肉を削ってしまうので注意した方がいいでしょう。

ローリング法

歯ブラシを歯茎から歯に向かって回転させるように動かす磨き方です。以前はTVのコマーシャルでもよく目にしていましたが、虫歯予防には適さないことが明らかになったため、最近はあまり推奨されていない方法です。

最近は、電動式の歯ブラシも市販されています。そして電動歯ブラシの中には、バス法とローリング法をスイッチで随時選択することができるものもあります。また、超音波で歯を磨く機能もついている製品もあります。

口腔衛生用品を探してみる

大手町へ直通37分の「八千代緑が丘」は暮らしやすさにあふれている八千代緑が丘の新築一戸建です。 駅周辺はイオンモールをはじめ、TOHOシネマズやユニオンゴルフクラブなど家族で楽しめる施設が盛りだくさん。

子どもの歯磨きはどうなっているのでしょう。

多くの子どもは歯磨きが苦手です。そのため、保護者が補助して磨くようにします。離乳食が始まると乳歯がでてくるので、保護者が専用のブラシを用いて口中を清潔にする必要があります。幼児期になれば、子ども自身で歯ブラシを使わせて歯磨きの習慣に親しませ、仕上げ磨きを保護者が行います。

子どもに歯ブラシを持たせるときは、水のみでブラッシングさせて、仕上げ磨きの時は子どもを仰向けにさせて、しっかり奥歯の汚れなどをかきだしてあげる必要があります。

時には、磨き残しをチェックする液などを利用するとより効果的な歯ブラシができます。仕上げ磨きをする保護者も、あんがい磨き残しがあるものです。奥歯の裏側や歯の側面などが磨き残しが多いです。子どもに鏡を持たせて、液が残っている場所を一緒に確認すると、子どもも保護者も歯の磨き残しをよく確認できます。

小さいうちから、しっかり仕上げ磨きをしていると、当然ながら虫歯になることケースも少なくなります。仕上げ磨きを日常生活の一部にしていると、歯科医院へ3ヶ月~半年に1度虫歯予防の「フッ素」を塗ってもらう時にも、歯科医院で「いやだぁ~~!!ぎゃーーー!」と泣き叫ぶことはありません。

歯科医院で「いやだーーーーー!!」と泣いているお子さんを見かける時に、共通していることは、仰向けになって口をあけることをとても嫌がります。

普段から仕上げ磨きをしていないから、お口の中を人に見られることをとてもキライます。仕上げ磨きをしていないために、当たり前ですが虫歯があります。

発育測定の際に、指摘されて来院したかもしれないですし、小学校の検診で虫歯ありの診断があっての来院になったと思います。仕上げ磨きをきちんとしていている家庭では、虫歯を作らないように定期的に歯科医院を訪れることが当たり前になっているので、子ども慣れています。泣き叫ぶ他の子どもみて「なんで泣くの?」と不思議に思っています。

子どもが嫌がるから、仕上げ磨きはしない。子どもが欲しがるから、寝る前でもお菓子をあげる。日常的にジュースやお菓子を良く食べる。

このような生活を送っていたら、虫歯にならない方が不思議なぐらいです。小学校低学年までは、しっかり保護者が子供の歯に対しての認識を高く持つべきです。

そして、歯みがきをしないとお布団には入れない。といったルールを設けて、歯みがきを定着するように努力しなくてはなりません。

歯垢染色液&ジェル

  • GC プロスペック 歯垢染色液  無害な食品用着色料使用。クセのない味と香り付き。
  • GC プロスペック 歯石染色ジェル ゼリー状なので歯みがきに点けてブラッシングという手軽さがお勧め。
  • サムフレンド レッドチェッカー  ストロベリー味の甘い香りで子供たちも嫌がりません。キシリトール入りなので甘いのも子供が好きです。
  • ライオン歯科材 DENT.プラークテスター 綿棒タイプ 赤紫の色素がプラークを染め出します。綿棒タイプは最初から液が含ませてあるので、お手軽に使えます。
液体タイプ

口腔内に直接滴下する方法と、液剤を薄めて洗口する方法があります。

おススメは水に濡らした綿球や綿棒に歯垢染色液を付け、歯面に塗布します。

約30秒間ブクブクを繰り返します。

※大変良く染まります。広がりやすいのですが、唇等につくと取れにくい。

ジェルタイプ

口腔内に直接滴下し、舌を使用し塗り拡げていきます。

乾いた綿球や綿棒にジェルを付けて、歯面に塗布します。約30秒間ブクブクを繰り返します。

※染めたい部分につけやすい。液体に比べるとしっかりは染まらない 。

錠剤タイプ

充分に錠剤を咬み砕きます。唾液と混合させながら、舌を使って歯面全体にゆきわたるようにします。

約30秒間ブクブクを繰り返します。染め出す準備はとても手軽ですが、しっかりゆきわたるようにしないと奥歯の所だけが濃く染まったりするので、気を付けてください。

※歯面全体に広げるのが少し難しいので、小さいお子様には難しいかもしれません。

綿棒タイプ

すでに液体の歯垢染色液が綿棒に含まれています。

子供の歯を虫歯を作らないようにする口腔ケア

GCが出している口腔ケア商品の中で、MIペーストというものがあります。

これは、豊富なミネラル(カルシウム、リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用をもつCPP-ACP(リカルデント)を含んでいます。歯みがきとはまた違いますが、歯みがきをした後にこれを歯に塗ってあげると、歯が強化されて虫歯が出来にくくなります。

なかなか朝などは、慌ただしいので歯みがきだけで精いっぱいかもしれません。寝る前に塗るだけでも、かなり効果があるので、虫歯が出来やすいと思うお子様がいるのならば一度試してみてはいかがでしょうか。

注意点は、リカルデントガムと同じく牛乳由来成分CPP-ACPが含まれているので牛乳アレルギーがある場合は、絶対使用してはいけません。